2
人気記事

スポンサーリンク

地図
10032 PV
0

Googlemapとゼンリンの知られていない意外な関係

グーグルマップとゼンリン

Googlemapとゼンリン。

どちらも地図会社ではありますが、どう違うのか、どうゆう関係性なのかをご説明します。

Googlemapは世界規模の地図会社で全世界のマップを見ることができるシステムを使用しています。

衛星

Googleは自社で衛星も持っています。

ゼンリンは基本的には国内の地図会社で主に細かい建物等にも特化しています。

Googleは日本ではゼンリンに対して地図データの提供を求め、ゼンリンのデータを使用してマップを描写しています。

すべてが同じというわけではなく、主なデータはゼンリンを使用し、その他のデータはGoogle独自のデータを使用するため、更新頻度の違いがあったりします。

ゼンリンでは写真はありませんが、Googlemapではストリートビューという現場の写真を見ることができます。

ほとんどの国道沿いなら既にカバーが終わっているのではないでしょうか?

大きなカメラを積んだGooglemapカーを見たことがあります。

あのカメラで3D?のストリートビューをつなぎ合わせているんだと思います。

その点ゼンリンは一軒一軒の名前や建物名などを歩いて調べるというものすごい努力が必要な仕事をこなして出来上がった地図です。

どちらの地図も私たちにとってなくてはならないものですが、最近皆が知っているのはグーグルマップのほうかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





*



TOPへ