人気記事

スポンサーリンク

スマホ
598 PV
0

iPodはgpsがないのに、なぜ位置情報がわかる?

スマートフォンが普及してからiPodを持つ人もかなり減ってきている。

ipod

だが、これまでiPodを愛用している人も多く、スマートフォンの電池の減りが早いことから、またiPodを手にしようという人たちも増えてきているようだ。

この最近販売されている、iPodにはgpsが入ってないのをご存知だろうか。

そしてgpsがついてないのに今いる位置情報を出すことができるのだ。

疑問に思わずに使っている人も多く居るだろうが、ここにはiPodならではのWiFiという技術を使って位置情報を表示している。

WiFiは固定された市の情報が埋め込まれているため、そのWiFiの電波を用いている端末の位置情報を表示することができる。WiFiは長距離まで届かないため、ある一定範囲の中にいる端末の正確な位置情報を出せるとも言える。

この固定位置情報を用いてWiFi電波が交差する場所から計算してどのWiFi端末が1番近いかという情報からiPodの位置情報を表示することができるのだ。

そもそもスマートフォン持っていない人など、ここ最近ではあまり見かけないため、一定を表示する必要性は感じないのだが・・・

先ほど言ったように、 iPodは音楽用の端末なので、音楽をダウンロードするためにはWiFiという機能を用いてダウンロードすることができる。

このWiFiには固定位置情報が最初から埋め込まれているため、それを利用することによって、位置情報を表示するという仕組みだ。

この位置情報を表示することを重宝している人は少ないだろうが、せっかくWiFiという機能が付いているのだからということで、位置情報を表示しているに過ぎない。

なので、 WiFiがない環境下ではiPadの位置情報を見ることができない。

わざわざ別の部品をつける必要もなく、たまたま搭載されているWiFi用いて位置情報を表示しているのですから、位置情報がずれていたとしても、文句を言ってはいけない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





*



TOPへ