人気記事

スポンサーリンク

理論
778 PV
0

国産衛星みちびきGPSの今後

みちびき衛星

国産衛星みちびきGPSが打ち上げられてから大分期間が立ちました。

現在は日本とオーストリアの間を8の字を描くように移動し、日本時間のおよそ3分の1をカバーしています。

みちびき衛星が日本に近づくと信号を受信できるGPS機であれば、これまでのGPSでも精度が高い位置情報を表示することができます。

対応しているGPS危機とは、現在のスマートフォンでもごくわずか、むしろ、ほとんどのGPS危機がみちびき衛星を受信することができません。

みちびき衛星を受信するためには、これまでのgpsの受信機だけでは対応できない特殊な信号を用いているため、新たに買い換えるまたはプログラムの書き換えが必要なります。

現在gps機器は、アメリカのgps、ロシアのグロナスを主に受信しています。

そのため、距離が遠く誤差が生じやすいデメリットがありました。

これをみちびき衛星を受信することによって誤差を最小限に留めることが可能になります。

みちびき衛星について 準天頂衛星システムQZSS くわしくはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





*



TOPへ